Blog

ブログ

2024.04.17

口腔内スキャナーを導入しました。 横堤歯科クリニック 鶴見区 横堤

当院に新しい歯型を取る機器を導入しました。

通常、歯科医院で歯型を取る際には、ピンク色をした粘土のような材料をお口の中に入れて、固まるのを待って歯型をとっています。

口腔内スキャナーの場合は、小型カメラで口腔内を撮影し、そのデータをコンピュータで立体的な画像で見ることができるため、短時間で済み型取りを行っている際での嘔吐反射も起きにくく、口腔内の細かいところまで正確に見ることができます。

以前の歯型取りと比べて口腔内スキャナーの良い所は、

  • 時間が短縮できる
  • 人的ミスの心配がない
  • 歯列データがデジタルで管理しやすい
  • 患者様のストレスが軽い
  • 歯の型取りのための患者様の負担 (嘔吐反射など)を軽減できる
  • さまざまな角度から口腔内を検証ができ、より正確な歯の型取りが行える
  • 口腔内全体の噛み合わせのバランスの診断が容易になる
  • より精密な詰め物やかぶせ物の製作が可能になる
  • より精細な歯列矯正やインプラント治療が行える

と言われています。

従来のように嘔吐反射の強い方や固まるのを待つのが嫌だった方には最適です。

患者様の症例により向き不向きもありますので、症例に合わせてご使用いたします。

また、型取りが苦手でお困りの方や口腔内スキャナーに興味のある方はお気軽にご相談ください。

患者様により快適な治療がご提供できるように努めてまいります。

 

大阪市鶴見区の歯医者さん 横堤歯科クリニック

カレンダー

AJAX Calendar
2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メニュー 閉じる