Question

費用について

当クリニックでは基本的には保険診療を⾏っております。
しかし、「銀⻭でなくきれいで⽩い⻭にしたい」「よりいい素材、体にいい素材にしたい」など、患者さまのご希望によっては
保険診療ではできなく、⾃費診療となります。
⾃費診療では、安⼼して治療を受けていただくため、全て事前に料⾦の説明をさせていただいております。
詳しくは下記の料⾦表をご覧ください。

Price list

料金表

かぶせ物

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウン

110,000円(税別)
セラミッククラウン

セラミッククラウン

100,000円(税別)
メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

85,000円(税別)
ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

90,000円(税別)

詰め物

ジルコニアインレー

ジルコニアインレー

65,000円(税別)
セラミックインレー

セラミックインレー

60,000円(税別)
ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー

35,000円(税別)
ゴールドインレー

ゴールドインレー

65,000円(税別)

歯の土台

ファイバーコア

ファイバーコア

15,000円(税別)

その他

ラミネートべニア

ラミネートべニア

80,000円(税別)
ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

35,000円(税別) / ヶ所

入れ歯

金属のバネがなしの入れ歯

金属のバネがなしの入れ歯

50,000円(税別)~ / 片顎
金属床を使った違和感の少ない入れ歯

金属床を使った違和感の少ない入れ歯

200,000円(税別)~ / 片顎

インプラント

術前検査・インプラント手術・かぶせ物

術前検査・インプラント手術・かぶせ物

合計料金 380,000円(税別)

①術前CT ②術前検査、しっかりとした説明・カウンセリング ③1次手術(インプラント体を入れる手術) ④2次手術・型取り(インプラントの)頭出し・型取り ⑤アバットメント(かぶせ物を入れるための土台) ⑥上部構造(メタルボンドやジルコニア) ⑦インプラント体の5年保証 ⑧アバットメント・上部構造の2年保証

特殊な場合を除き、総額は上記のみかかりません。 オプションは下記参照

インプラント オプション

GBR(周りに骨を作る処置)

GBR(周りに骨を作る処置)

30,000円(税別)~(足す量による)
ソケットリフト(上顎に少し骨を足す処置)

ソケットリフト(上顎に少し骨を足す処置)

50,000円(税別)~
サイナスリフト(上顎に多くの骨を足す処置)

サイナスリフト(上顎に多くの骨を足す処置)

80,000円(税別)~
CTG・FGG(歯肉移植)

CTG・FGG(歯肉移植)

50,000円(税別)~
プロビジョナルクラウン(精密仮歯+土台)

プロビジョナルクラウン(精密仮歯+土台)

仮歯15,000円(税別) / 本
土台15,000円(税別) / 本

インプラント保証制度

Implant warranty system

治療後も安心していただけるように、インプラント体、上部構造の10年保証制度を設けております。詳細は当院スタッフまでお気軽にお尋ねください。なお、保証を受けていただく条件は下記のようになります。

①当院の指示通り、定期的にメインテナンスを受けていただいた方。 ②歯ぎしりや食いしばり等がある場合は、ナイトガード(マウスピース)を使用していただくことがあります。

矯正

矯正相談

当日に保険診療を行った場合は保険診療費用のみ

矯正相談

当日に保険診療を行った場合は保険診療費用のみ

無料
簡単な症例

費用には毎回の調整料が含まれています

簡単な症例

198,000円~
330,000円(税込)
複雑な症例

片顎の治療など

費用には毎回の調整料が含まれています

複雑な症例

440,000円(税込)
一期治療

費用には毎回の調整料が含まれています

一期治療

330,000円(税込)
二期治療

一期治療から二期治療への移行される場合は、二期治療はその差額のみとなります

費用には毎回の調整料が含まれています

二期治療

880,000円~
990,000円(税込)
審美(透明)装置オプション

審美(透明)装置オプション

44,000円(税込)

ホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

15,000円(税別) / 片顎
20,000円(税別) / 両顎
追加ジェル2本 5,000円(税別)

その他

短期集中治療

短期集中治療

応相談

Medical
expenses
deduction

医療費控除

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、
一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます。
本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には
翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。
ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)
所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額になります。
医療費控除額

(上限200万円)

1年間に支払った
医療費の総額

その年の1月1日から、12月31日までに支払った医療費

保険金等で
補填される金額
10万円もしくは
所得額の5%のいずれか少ない金額
所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

還付金の目安

還付される金額は下記の計算額になります。
所得税の還付額
医療費控除額
×
所得税率

医療費控除の対象となる医療費

医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
 
治療の為の医薬品購入費
 
通院、入院の為に通常必要な交通費

(電車賃、バス代、タクシー代等)

 
治療の為に、
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による
治療を受けた際の施術費

還付を受けるために必要なもの

確定(還付)申告書

(給与所得者は源泉徴収票)

 
領収書
 
印鑑、銀行等の通帳

確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。 申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

Payment method

お支払い方法

お支払いは窓口での現金でのお支払の他、各社クレジットカード
(JCB、AMEX、Master、VISA、DC、UC、UFJ、NICOS、Diners、MUFG、SAISON)でのお支払いも可能です。

メニュー 閉じる